Twitter

Twitter

Twitter
BLOG
BLOG
お問い合わせ
山内 直哉 山内 直哉
山内 直哉 Yamauchi Naoya
1978年7月15日生まれ/大阪府出身
隕石少年トースター 主宰・脚本・演出

1998年、関西大学の演劇サークル「劇団展覧劇場」に入団。オリジナルの脚本を書き始める。その後、東京のシナリオスクールで、テレビドラマの脚本を勉強。帰阪して、2004年、「隕石少年トースター」を旗揚げ。以降、すべての公演の脚本・演出を手掛ける。求心力あるストーリーに乗せて人間ドラマを描くコメディーを得意とし、間口の広い作風が好評を得ている。自劇団の演劇作品だけでなく、外部への脚本提供や、ラジオ・テレビ・広告の映像コンテンツなどの仕事を通じて、<本当に面白い脚本とは何か>を日々追究している。

幼稚園~大学時代までに自己を形成したモノ
主に、藤子不二雄作品・ひょっこりひょうたん島・世にも奇妙な物語・ハリウッド映画・8時だヨ!全員集合・NHK教育番組・ひらけ!ポンキッキ・楽しいムーミン一家・ダウンタウンのごっつええ感じ・クラシック音楽・テレビゲームのMOTHER・未来少年コナンなど

脚本家を目指すきっかけ
浪人時代のある日、偶然、テレビドラマ『古畑任三郎』を観る→その面白さに衝撃を受ける→脚本家が三谷幸喜だと知る→レンタルビデオで『王様のレストラン』と『振り返れば奴がいる』を観る→脚本家になろうと決意

外部提供作品
■舞台
2005.11in→dependent theatre PRODUCE#7“INDEPENDENT:05”
谷屋俊輔一人芝居「変な500円を拾いました。」
(脚本・演出/30分作品)
2007.7in→dependent theatre PRODUCE#10
「ポーカーフェイス・アパートメント」
「ファイティング・ブロードキャスト」
(共に脚本のみ/各120分作品)
2つの離れた劇場で起こるストーリーが、ライブ映像を通してリンクしながら同時進行する2時間のノンストップ・リアルタイム・コメディー
2007.7坂口修一ソロアクトライブ“火曜日のシュウイチ”7月
「初めて海を見る少年のように」
(脚本・演出/30分作品)
2010.1劇団925 第2回公演
「ミス・ベビーシッター」
<中西邦子一人芝居>(脚本・演出/90分作品)
2010.10TAKE IT EASY!×4DIRECTORS『DOLCE』第3話
「父よ、ついにこの日がやって来た」
(脚本・演出/60分作品)
2011.8高杉征司×土性正照プロデュースユニット“くちぶえ盗賊県”第1回公演
「トラウマづくり」
<二人芝居>(脚本・演出/60分作品)
2012.5中之島春の文化祭2012
“TAKE IT EASY!”「じゃがいも」
(脚本・演出/20分作品)
■映像
2011.4〜2012.3うたうワンワン(読売テレビ)
辻希美・飯田圭織・兵藤ゆきが声優を務める3匹のワンワンによる2分の童謡歌い聞かせ番組。山内が脚本を担当したのは、4〜6月・10月・1月・2月。DVDが発売中
■ラジオ
2007.4〜2012.3ラヴィーナ&メゾンSTORY FOR TWO(Kiss-FM KOBE)
腹筋善之介と平野舞による男女2人、3分の短編ラジオドラマ番組。レギュラー作家として6年間参加。書き下ろした作品は特番も含め73篇に及ぶ。コメディーからシリアスまで様々な作風に挑戦している。それらすべての音声と台本が番組ホームページで閲覧可能。(※スマホからはご覧いただけません)
PAGE TOP
永井 悠造 永井 悠造
永井 悠造 Nagai Yuzo
1981年6月13日生まれ/愛媛県出身/172cm 62kg
隕石少年トースター 役者

俳優/演出/コリオグラファー/ダンサー
所属:隕石少年トースター/DACTparty

「隕石少年トースター」の旗揚げメンバーとしても参加しており、全ての作品に出演している。他劇団やプロデュース公演等での出演も多く、その数は100本を超える。ダンスや和太鼓、アクションショーやキャラクターショーなどで培った経験と感性を活かして活躍の場を広げている。 自身が代表を勤めるダンスアクトユニットDACTpartyでは、脚本・演出・振付・パフォーマーを兼任。
2013年4月から東京に移住。映画やドラマにも出演しつつも、舞台を中心とした創作の世界で演技とダンスの要素を交えた独自のスタイルで作品を生み出している。

Twitter

経歴
■映像
フジテレビ系ドラマ「ショムニ2013 」第一話出演
フジテレビ系ドラマ「僕のいた時間」第二話出演
フジテレビ夏のドラマSP「ゲゲゲの怪談」出演
テレビ朝日 土曜ワイド劇場「救急救命士 牧田さおり10」出演
フジテレビ 土曜プレミア 星新一ミステリーSP「七人の犯罪者」出演
映画「極道の紋章」 出演
池田泉州銀行CM 出演
大阪市営交通CM 出演
ダスキンVP 出演
関西テレビ「マルコポロリ」再現ドラマ 主演
■ラジオ
FM-802 Kiss-FM KOBE(ラヴィーナ&メゾン STORY FOR TWO)ラジオドラマ 出演
GUNZE ラジオCM 出演
■舞台
ミジンコターボ「ダメダメサーカス」「恋心-KOIGOKORO-」「お母さんがゾーマ」「シニガミと蝋燭」他10作品に出演
梅棒 2nd Act「ウチの親父が最強」 東京公演(東京芸術劇場)、大阪公演(HEP HALL)、追加公演(PARCO劇場)出演
DOORプロデュース公演「女子芸人」振付
PAGE TOP
福嶌 睦 福嶌 睦
福嶌 睦 Fukushima Mutsumi
1987年1月12日生まれ/大阪府出身/150cm 45kg
隕石少年トースター 役者
ビックワンウエスト所属

2008年オーディションを経て隕石少年トースター入団。第8回公演から役者として出演。幼少より児童合唱団に所属し、演奏会や音楽物語のCD、大阪府立児童館のテーマ曲録音などの活動をする。その後ミュージカル出演をきっかけに芝居を始める。2007年芸能プロダクションビックワンウエストに所属しプロダクション主催の舞台公演に意欲的に参加し、2009年の公演では主演をつとめた。隕石少年トースター最年少劇団員。本公演3作品と番外公演【真っ赤なオムライス】に出演。その素直で背伸びのない演技は、今後の期待を含め観客の反応も大きいものである。特技は幼少期からの音楽活動で培ったリズム感を生かしたドラムと初段有段の剣道。

Twitter
BLOG「★福嶌睦のセツナレンサ★」

主な外部出演
■舞台
2007.7ビックワンシアター「見よ、飛行機の高く飛べるを」出演
2008.9ビックワンシアター「法王庁の避妊法」出演
2009.9ビックワンシアター「LIKE A LAIKA RAFCA ライカ犬ラフカのように…」主演
2010.10ビックワンシアター「微熱の箱」出演
2011.10ビックワンシアター「火男の火」出演
■テレビ
ドラマ30『家族善哉』出演
■CM
ナショナル整体学院 出演
■ラジオ
ラヴィーナ&メゾンSTORY FOR TWO(Kiss-FM KOBE)
PAGE TOP
森尾 実 Morio Minoru
1979年12月11日生まれ/兵庫県出身

第3回公演 「新番組!」 から外注音響として公演に参加。第4回公演 「その日、男たちは地面から2cm浮いている」 の打ち上げにて入団。高校演劇から始まり現在までに100本近い公演の音響を担当。ジャングル・インディペンデントシアタープロデュースの公演イベントでは総合音響プランとして参加し、山内と関とはここで出会った。
芝居だけでなくイベント音響から映像制作にも携わり、音楽ではクラブ系トラックメイキングユニット 「E.D.S」 のメンバーとしても活動中。
PAGE TOP
千歳 晶子 千歳 晶子
千歳 晶子 Sensai Akiko
大阪府出身

2006年オーディションを経て隕石少年トースター入団。第5回公演から第10回公演まで役者として出演。2007年北野演劇祭にて、主演女優賞を受賞。ミュージカルやバンドの経験を活かし、劇中歌の作曲や楽器演奏(ピアノやマンドリン)による生歌などを披露。プロデュース公演や他劇団への客演の他、ボーカルとして歌い踊ることも大好き。イラストの特技もありインディペンデントシアターのHPウェブマガジン「web.ip」にてイラスト付きストーリーを連載。2013年、演劇ユニット「パンの耳企画」にて自作の紙芝居や朗読劇で、こどもから大人まで楽しめる作品づくりを目指し、活動の幅を広げて活動再開。

BLOG「千歳晶子のチトセトラック」


主な外部出演
■舞台
2007.7in→dependent theatre PRODUCE#10 出演
2008.9劇団ショウダウン「ダークキャッスル」主演
2007.4パンの耳企画「しまだライス」
2013.12パンの耳企画「キャロル!」
■映画
2008.11劇団ころがる石ショートムービー「情熱の赤いギター」出演
PAGE TOP
竹田 幸弘 竹田 幸弘
竹田 幸弘 Takeda Yukihiro
石川県出身/166cm 58kg

2004年隕石少年トースター旗揚げメンバーとして参加。穏和な容姿と独特の役作りで「記憶に残る役者」と作家山内から評されるその演技スタイルは、観客人気、演劇関係者からの評価は高い。ここ数年は一児の父となり劇団に育休をもらったものの、声のみや短編ではちゃっかり出演し、強烈な印象を残している。そして、隕石少年トースター10周年となる2014年、劇団の本公演に復帰。

PAGE TOP
PAGE TOP